CHECK

婚約指輪のオーダーメイドはショップ選びが大事

婚約指輪のオーダーメイドはショップ選びが大事

最近はプロポーズする際に、婚約指輪を差し出してサプライズで決行する男性は少なくなってます。
それに相反し、事前に結婚の了承を得て後日女性と一緒に婚約指輪を買いに行くケースが多くなってます。
男性が女性の薬指のサイズを正確に把握することは難しく、また自制の好みのデザインやルースを的確にとらえ購入することも難しいです。
何十万円と高価な代物だけに、男性も失敗したくないと思うのが正直なところであり、女性の要望を聞いて一緒に購入するパターンが多くなってるのです。
婚約指輪のオーダーメイドを購入する際には、そのショップ選びが非常に大事です。
高品質であり、デザインなども豊富に提案でき信頼のできるショップでなければいけません。
そのため店のスタッフにダイヤモンドソムリエがいたり、GIAの資格を持っているスタッフがいるなどの店舗を選ぶk十が非常に重要です。
ネットの口コミ評価を参考にして比較検討し、店舗を探すのも有効でしょう。

婚約指輪の定番であるダイヤモンドの価値は、カットの技術力で差が出る!

カットとは、ダイヤモンドの評価基準である4Cの1つで、ダイヤモンドの研磨を示します。
輝きを大きく左右する研磨には技術力が必要であり、他の4Cのようなダイヤモンド自体を評価する基準とは異なります。
カットは、プロポーション・ポリッシュ・シンメトリーの3つの基準を総合に評価します。
プロポーションとは形のバランスの事で、最大限に光を反射する形であるかを評価します。
ダイヤモンドは、外からの光を多く反射できるものほど輝いて見えるため、各部分のサイズ比率や・角度・深さなどに詳細な数値が設定され、それを満たすと高く評価されます。
ポリッシュとはカット面の仕上がりの事で、研磨の跡が少ないほど光のムラがなく、シンメトリーとは対称性の事で、対称性が良いほど光を均等に反射するため、美しく輝きます。
カットのグレード(等級)は、Excellent・Very Good・Good・Fair・Poorの5段階で評価され、ここに研磨技術の差が出ます。
3つの基準がすべてExcellentの場合はトリプルエクセレントと呼ばれ、一生ものの指輪にふさわしい美しさです。
しかし、希少性が高くなかなか手に入らないため、一般的に婚約指輪には、プロポーションがExcellentのダイヤモンドが選ばれます。
婚約指輪を選ばれる際は、技術力の差を、プロポーションのグレードで確かめてみてください。

婚約指輪に関する情報サイト
オーダーメイドの婚約指輪

このサイトでは婚約指輪はオーダーメイドで作りたい、と考えている人向けの注文制作を成功させるための情報を分かりやすく紹介しています。
既製品では好みに合うものが見つからない場合や、こだわりの指輪を手に入れたい人におすすめです。
注文に応じて作るエンゲージリングは特別感があることも魅力です。
世界に1つしかない指輪を作ることができます。
エンゲージリングの製作を依頼をするなら、ショップ選びが大事になるでしょう。

Search